ストレッチは筋肉を伸ばすな?!

筋肉は縮めるという指令しか送れない為、ストレッチの際、あまり伸ばす意識を持ちながら行わない方が良いと以前もお話しました。
むしろ裏側の筋肉を縮める事で目的の筋肉を伸ばした方が良いと。

とはいえ、可動域を上げたい場合、どうしても力んで伸ばしたい筋肉を意識してしまうものです。

そんな時にオススメなのは、

筋肉ではなく、関節をストレッチする

という考え方です。

本来、関節の可動域を上げる事が機能的な動きをする上で重要で、決して無理に筋肉を伸ばす事が良い訳ではありません。

骨のイメージを持つ事で、無理のないストレッチに変化します。

なので、関節として不自然な方向に伸ばしてはいけません。

これらのテクニックを使う事で、ストレッチが一段上のものになります。

——————————————————————–

岐阜市でパーソナルトレーニングを行う際はぜひACTION★へお越しください。

●ダイエットの為の筋トレ
●筋力と神経を鍛えるトレーニング
●筋肥大につながるトレーニング
●本当に”使える”体幹トレーニング
●”伸ばす”ストレッチと”緩める”ストレッチと”筋トレ”によるストレッチ

等を行っています(^^)

★★★★★

トレーニング体験3000円

ご予約はHPから
studio-action.info

★★★★★

インスタでは、最新情報やトレーニング動画をあげています。
kouji0308
ぜひフォローをお願いします(^^)