ダイエットのモチベーションが上がらないときはどうするの?

初めた直ぐはやる気になっていても、直ぐに結果が見えなかったり、
時間が経つにつれてモチベーションが下がってしまう事ってよくありますよね?

そんな時の考え方としてここでは話していきます。

まず、0か1か?

で考えないことです。

今日出来なかったら、今までの努力が水の泡

などという事はありません。

もちろん、日々の積み重ねは何よりも大事ではあります。

しかし、ダイエットであれば

1食を食べすぎたとしても体脂肪が1キロも増える事はありません。

夜の食事を食べすぎて、翌朝体重を計ったら2キロも増えていた。

それでやる気がなくなってしまった方も多いと思いますが
増えたものの多くは水分です。

食べても消費できずに余ったエネルギーは体脂肪として蓄えられますが

仮に、基礎代謝量と最低限活動の消費量を合わせて
1500キロカロリーは、何もしなくても消費されるカロリーだとして

1日3回の食事の場合

1500キロカロリー÷3食=500キロカロリー

1食500キロカロリーを目安に食事をしている人が

1食2000キロカロリーの食事をしてしまった。

その場合

2000-500で

1500キロカロリーも余分にとってしまった計算になります。

しかし、脂肪は1キロが9000キロカロリーあるので

1食で脂肪が1キロも増えません。

なので1食で一喜一憂する必要はありません。

もちろん、体脂肪を落とす為のカギの一つの
ケトン体(糖質を一定期間制限すると体脂肪を使いやすい体に変化していくのでダイエットを加速させる)

もあるので、途中で暴飲暴食をしてしまうと振り出しに戻ってしまうという考え方もありますが、それも全てではありません。

何もしなくても普通の活動レベルで

1時間に100キロカロリーは消費するので

もし1000キロカロリーの食事をしたら
10時間食べなければ太る事はありません。
(10時間というと長いと思われるかもしれませんが2食分のカロリーを1食でとってしまったのであれば次の1食を抜くぐらいの考え方)

食べたいときは素直に食べ、そのあと食べない時間をしっかり作り調整する。

このくらいの気持ちの方がダイエットは続けられますよ!

岐阜市でパーソナルトレーニングを行う際はぜひACTION★へお越しください。

●ダイエットの為の筋トレ
●筋力と神経を鍛えるトレーニング
●筋肥大につながるトレーニング
●本当に”使える”体幹トレーニング
●”伸ばす”ストレッチと”緩める”ストレッチと”筋トレ”によるストレッチ

等を行っています(^^)

★★★★★

トレーニング体験3000円

ご予約はHPから
studio-action.info

★★★★★

インスタでは、最新情報やトレーニング動画をあげています。
kouji0308
ぜひフォローをお願いします(^^)