体を柔らかくするストレッチのコツ

ストレッチをしても、痛いだけで体が一向に柔らかくならないという方に、ここではストレッチのコツの一つをお伝えします。

まずは大前提として、

筋肉は無理やり伸ばしてはいけません。

そもそも何の為に伸ばすのか?

本来の可動域を取り戻す為というのが、一つの目的です。

必要以上に伸ばすのは怪我のもと。

筋肉は、伸ばすとその反対側に付いている筋肉は縮みます。

筋肉は、縮んだ分だけ伸ばされるのが自然です。

ストレッチは必ず

伸びていく筋肉と、縮んでいく筋肉があることを理解する必要があります。

そして、

体が硬い人の筋肉は、伸びないというより、縮まない。

なので、縮まない筋肉を探して念入りに
縮めてほぐして行きましょう。

その場合、上からマッサージでほぐすのも一つの手です。

伸ばすから、伸びるようになる

のではなく

緩めるから、伸びるようになる

これを理解して行うことが

可動域を大きくする一つのコツです。

岐阜市でパーソナルトレーニングを行う際はぜひACTION★へお越しください。

●ダイエットの為の筋トレ
●筋力と神経を鍛えるトレーニング
●筋肥大につながるトレーニング
●本当に”使える”体幹トレーニング
●”伸ばす”ストレッチと”緩める”ストレッチと”筋トレ”によるストレッチ

等を行っています(^^)