呼吸は止めてはいけない!?

皆さん、筋トレの際の呼吸は意識していますか?

筋トレは息を止めないように行いましょう!

皆さん聞いた事はあると思います。

これは何故でしょうか?

よく言われているのは、呼吸が止まると血圧が過剰に上がってしまうから。

息を止めて力む事は危険な事だと言えます。
特に日頃から血圧が高い方は気を付けてトレーニングしなければなりません。

呼吸が止まる事は、トレーニングの運動強度が増せば、目一杯力が入る為、仕方がない部分ではあります。

しかし、それ以外にも、呼吸を止めてはいけない理由があります。

一つは、プランクなどの体幹を固めてキープする動作。
腹筋に力を入れ続けないといけないエクササイズの為、呼吸が止まりがちですが、それでは長時間キープする事は出来ません。

自然呼吸をしながらも体幹に力を入れ続けれるテクニックを身につける事が大切です。

そしてもう一つ、
体幹は、呼吸が止まると固まってしまい、動かなくなってしまうからです。

腕立て伏せ、スクワット、懸垂等、人間の動きというのは肩甲骨と骨盤を一緒に動かす事が大切です。

押す、引く等、腕を使って行う動きは、必ず肩甲骨を動きも必要になります。

スクワットは下半身の大きい筋肉、特にお尻の筋肉を上手く使う必要がありますが、これも骨盤の動きが重要です。

呼吸が止まるという事は、この、肩甲骨、骨盤の動きを止めてしまう事になります。

これには、呼吸と関わる筋肉の、大隔膜、腹横筋の収縮が関係しています。

息を吸うと身体は開き、息を吐くと身体は閉じる。

呼吸も筋肉の収縮。
インナーマッスルの収縮がアウターの筋肉にも影響しているのです。

呼吸が止まれば、大胸筋、広背筋、大臀筋など大きな筋肉が動きに使えません。

呼吸を意識して、より安全かつ、機能的な動きになるようトレーニングして行きましょう!