筋トレのフォームについて。

いわゆる筋トレ(目的の筋肉に効かせるトレーニング)のフォームは明確に決まっていると思って行うと良いです。

なぜなら

効かせたい筋肉を伸び縮みさせるのが筋トレです。

なので、骨と関節を動かし安いポジションをとる必要があるからです。

腕立て伏せの場合

胸の筋肉に効かせたいのであれば
肩甲骨が寄せやすい位置に肘の高さを合わせ、幅は上腕の長さ分だけ開いて横に手を置くのが基本です。(若干の個人差はあります)

その位置から大幅にズレている場合、胸の筋肉が動かしにくい為、肩や二の腕の裏に負荷が高まります。

逆に二の腕の裏に効かせたいのであれば、肩甲骨の動きが出ないよう、連動して動く骨盤をしっかり腹筋で固め、胸の筋肉が関与し難いよう、肘は横に開かず体側に沿わせれるようキッチリ肩の幅に手をおきます。

スクワット等、他のトレーニングの場合も同じです。

お尻に効かせたいのか、内ももなのか、それとも前ももなのか。

それによってフォームは明確に違います。

この場合、腕立て伏せ、スクワット、どちらも筋肉を伸ばしていく動作で負担が高まるトレーニングなので、目的の筋肉が最大限ストレッチ出来るポジションをとる事が大切です。

岐阜市でパーソナルトレーニングを行う際はぜひACTION★へお越しください。

●ダイエットの為の筋トレ
●筋力と神経を鍛えるトレーニング
●筋肥大につながるトレーニング
●本当に”使える”体幹トレーニング
●”伸ばす”ストレッチと”緩める”ストレッチと”筋トレ”によるストレッチ

等を行っています(^^)