筋トレは反動をつけてはいけない?!

筋トレはよく、反動をつけてはいけないと言います。

なぜでしょうか?

それは、
鍛えたい筋肉以外の筋肉も使ってしまい、効果的に目的の筋肉を鍛えられないからだと言われています。

確かにその通りとも言えます。

しかし、もう一つ。

反動をつける事によって起こるのが、

伸長反射です。

例えば、ベンチプレスで胸のトレーニング。

バーベルを深く下ろし、胸の筋肉がしっかりストレッチされた瞬間に押し上げると、止めてから上げた時に比べて軽く上がる感覚があると思います。

それは、胸の筋肉が急激に伸ばされた事による筋肉の反射が起こった為です。

自分の意識での力発揮とは別の、筋肉が切れてしまわないようにする為の体の防衛反応です。

重さも関係しますが、タイミングがあうと、より重い重さを上げる事も出来ます。

純粋な筋出力を上げたい場合、反動を付けては行けませんが、目的が筋肥大であれば、決して悪くありません。

何故なら、

筋肉は自分の最大の力以上の負荷がかかると、より肥大するからです。
(最近の研究では筋肥大は重量の高さよりボリュームが大事(軽くても回数を増やせばボリュームが上がる)と言われています。

バーベルは上げるより、下げる事が大事だと良く言われるのはその為です。

ベンチプレスは上げれなくなっても、ゆっくり下げれる間は繰り返す。

上げる動作を手伝ってもらっても、下げる動作を繰り返す事で、筋肉により強い負荷をかける事が出来ます。

一人でトレーニングする場合、反動を使ってでも上げてしまい、ゆっくり下げる事でより回数をこなします。

体の仕組みを理解して、
自分の目的の為に効果なやり方でトレーニングして行きましょう!

岐阜市でパーソナルトレーニングを行う際はぜひACTION★へお越しください。

●ダイエットの為の筋トレ
●筋力と神経を鍛えるトレーニング
●筋肥大につながるトレーニング
●本当に”使える”体幹トレーニング
●”伸ばす”ストレッチと”緩める”ストレッチと”筋トレ”によるストレッチ

等を行っています(^^)

★★★★★

トレーニング体験3000円

ご予約はHPから
studio-action.info

★★★★★

インスタでは、最新情報やトレーニング動画をあげています。
kouji0308
ぜひフォローをお願いします(^^)