プロテインパウダーなどの加工品は体に悪い。
そもそも、筋肉を大きくするのにたんぱく質の量は関係ない。

最近、このような事をおっしゃるお医者さんの方が見えるそうです。

一般的に、トレーニング習慣がない人より、習慣としている人のほうがタンパク質を多く摂る必要があると言われています。

特に、筋肉を大きくしていきたい方は体重1kgあたり2gは摂る必要があると。

理由としては、

筋トレは筋肉を破壊する行為で、壊れた筋肉をより大きく再生させる為には、主な材料であるタンパク質が多く必要。

ビルに例えるなら、壊して大きなビルに建て替えたいならその為に沢山のセメントがいる。

そのようなイメージです。

しかし、このお医者さんは否定されます。
たくさん摂っても腎臓に負担がかかるだけ。
少量で充分。
だと言われます。

しかし、筋肉量が多いボディビルダーは否定される方が多いようです。

お医者さんの医学的な考えと、ボディビルダーのトレーニングの経験(体作りのプロなので栄養学の知識も深い)から導き出された答え。

どちらが正しいとかは一概に言えないです。

何故なら、お医者さんの目線は

如何に健康でいるか?

ボディビルダーの方の目線は

如何に筋肉を大きくするか?

そもそもの考え方が違います。

健康の為には小食が良いという考え方がありますが、

異常なくらいの筋肉量を獲得しようと思ったら、体に負担が掛かろうとも多くのタンパク質が必要なのかも知れません。

たんぱく質が少量でもトレーニングだけで大きな筋肉を獲得できるかはわかりませんが、たくさん摂ったから筋肉が大きくなるかも疑問です。

今の私の考えとしては、

●筋肥大させるにはカロリーをオーバーさせる必要がある。

●糖質、脂質の量を増やしてカロリーオーバーさせると体脂肪も増えてしまう。

●であるなら、筋肉を増やしていきたいので、タンパク質量を増やしてカロリーオーバーさせる。

タンパク質の摂取は必要なカロリーを確保する為にも意味があるのではと私は思います。

岐阜市でパーソナルトレーニングを行う際はぜひACTION★へお越しください。

●ダイエットの為の筋トレ
●筋力と神経を鍛えるトレーニング
●筋肥大につながるトレーニング
●本当に”使える”体幹トレーニング
●”伸ばす”ストレッチと”緩める”ストレッチと”筋トレ”によるストレッチ

等を行っています(^^)