脚を太くせずにお尻のボリュームを上げるには!?

 

キュっと上がったボリュームのあるヒップに憧れる女性は多いのではないでしょうか。

しかし、お尻は鍛えたいけど、脚が太くなるのはイヤ。この場合、どのようなトレーニングが有効なのでしょうか?

 

先ず、下半身トレーニングで思い浮かぶのが、スクワット。

 

しゃがんで立つ。

 

とてもシンプルな動きで、お尻にも効きますが、
フォームによってはお尻だけでなく、太ももを鍛えるトレーニングになります。

 

なぜなら、

 

股関節もそうですが、膝の曲げ伸ばしを行うからです。

 

お尻の筋肉は股関節を動かす事で使われます。

(当然の事ですが、お尻の筋肉は股関節周辺に付いているからです)

 

膝の曲げ伸ばしは太ももの役割です。

 

スクワットは複合関節トレーニングと呼ばれ、足首、膝、股関節など、多くの関節を動かす為、お尻だけを鍛える事は出来ません。

 

よりお尻に効かせる為には深くしゃがむ必要(お尻の筋肉が伸ばされる負荷をかけたい為)
がありますが、それには膝関節も充分に曲げる必要がある為、太ももの前側も同じように鍛えられて行きます。

 

自重負荷でのトレーニングでは太くなる所までは行かず、むしろ引き締めになりますが、バーベル等を用いて負荷を増やした場合、お尻の筋肉のボリュームが上がる頃には、太ももも太くなっているはずです。

次に、相撲の四股のように脚を開いてのワイドスクワット。

 

こちらはどうでしょう。

 

脚の向きと幅の関係で、太ももの前側よりは内もも、お尻に負荷が高まるトレーニングです。

 

しかしこちらも、股関節だけでなく膝関節も動かすので、お尻が大きく発達する頃には、太ももも発達している事でしょう。

 

筋肉には繋がりがあるので、厳密にお尻だけ鍛える事は出来ませんが、お尻に特化するのであれば、膝関節の動きが少なく、
股関節の動きが中心のトレーニング(アブダクション、脚を横に上げる動きや、バックキック、脚を後ろに上げる動き)

 

太ももの前側より後ろ側に負荷がかかるトレーニング
(グッドモーニングやデッドリフト等、おじぎのような動き)

 

を意識して増やすと良いでしょう。

もちろん、引き締めるのが目的であればスクワットはとても効果的です。

(筋トレの適度な負荷は筋肉を引き締め、むしろサイズは細くなります。ここではお尻だけを大きくしたい場合の話になります)

 

自分の理想の体を目指し、今日も頑張りましょう!